浴衣を着た時の注意点「着崩れ、しわのこまめなチェック」 - 花火大会の便利グッズ

浴衣を着た時の注意点「着崩れ、しわのこまめなチェック」


浴衣を着た時の注意点

着崩れをこまめにチェックする

花火大会などの人混みでは、いつの間にか知らず知らずのうちに着崩れを起こしている可能性があります。

浴衣に「しわ」がよっていたりしたら少しカッコ悪。

浴衣の襟元や裾などをこまめにチェックして、着崩れしていないか確認しましょう。

その都度直すことをしていれば、人に分かるような着崩れを起こすことを避けることが出来ます。

同時に髪型も崩れていないか時々触ってチェックしてください。

もし帯がゆるくなってきら、帯と背中の間にハンドタオルを入れるなど応急処置がおすすめです。

今年の夏用に早めに
これがあれば安心、格安3980円で7点(ゆかた、帯、下駄、インナー、腰ひも2、前板)




タグキーワード
花火ファッションカテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 花火大会の便利グッズ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。